【Apple ID】Apple IDの2ステップ認証と2ファクタ認証の違いが把握できず苦労した

研究
Pixabay at Pexels
この記事は約2分で読めます。

この記事は2年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

はじめに

さて、App Store Connect、Apple Developer Center などで作業する際に、iPhone上で何やら訊かれるようになりました。

この右の画面の確認コードをブラウザで入力しないと何もできません。

2ファクタ認証

この人が2ファクタ認証というものです。

Apple ID の 2 ファクタ認証
2 ファクタ認証は、Apple ID の認証を二重化することでセキュリティを強化し、たとえパスワードが他人に漏れても本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式です。

で、我々はクライアント殿よりiOSアプリのロンチ、プッシュ通知など諸々の情報をApple Developer Centerから貰っていただきたかったのが、通知が飛ばず入れないとおっしゃられてしまうのでした。orz

Apple IDが同じならその端末のどれかに飛ぶ筈ですし、testflightの通知は飛んでる筈なんです。

肝心の2ファクタ認証はiOS端末側で設定する筈なんですが、我々の端末で確認してもちゃんと設定メニューがある。

あまりに話が通じないので端末を見せていただいて確認したところ、クライアント殿のApple IDで2ステップ認証が設定されておりました。

2ステップ認証

Apple ID の 2 ステップ確認
アカウントで 2 ファクタ認証を使えない場合、たとえば、デバイスで iOS 8 または OS X Yosemite 以前をお使いの場合などは、その代わりに、2 ステップ確認で Apple ID のセキュリティ対策をすることができます。 

そりゃわかんないよ。確かにこんなところプログラマじゃなきゃ見ないよ。だいたい、呼び名がややこしい!!orz
ひとまず、事なきを得た模様です。お客さん逆ギレしなくたっていいじゃないかorz
なおまるっきり同じ轍を踏んでいた記事

Apple IDの2ファクタ認証設定が出来なくて悪戦苦闘した話です
そもそも、2ステップ認証と2ファクタ認証の違いがわからず、いくら調べても釈然とせずたどり着いたのが次の情報でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました