【Apple ID】Apple IDの2ステップ認証と2ファクタ認証の違いが把握できず苦労した

研究
Pixabay at Pexels
この記事は約5分で読めます。

さて、App Store Connect、Apple Developer Center などで作業する際に、iPhone上で何やら訊かれるようになりました。

この下の画面の確認コードをブラウザで入力しないと何もできません。

この人が2ファクタ認証というものです。

Apple ID の 2 ファクタ認証

2 ファクタ認証を使えば、自分で信頼したデバイスや Web でのみアカウントにアクセスできるようになります。新しいデバイスにはじめてサインインするときは、2 種類の情報 – すなわち、パスワードと、信頼済みのデバイスに自動的に表示されるか、信頼済みの電話番号に送信される 6 桁の確認コード – が必要になります。このコードを入力することが、新しいデバイスを本人が信頼したことの確認となります。たとえば、iPhone をお持ちで、新しく購入した Mac ではじめてアカウントにサインインしているとします。この場合、パスワードと、iPhone に自動的に表示される確認コードの入力を求められます。 パスワード単体ではアカウントへのアクセスができなくなるため、2 ファクタ認証のおかげで、Apple ID と、Apple に保管されるすべての個人情報のセキュリティは劇的に向上します。 一度サインインしたら、完全にサインアウトするか、デバイスの全情報を消去するか、またはセキュリティ上の理由からパスワードを変更せざるを得なくなった場合を除いては、そのデバイスで再び確認コードの入力を求められることはありません。Web 上でサインインするときは、ブラウザを信頼するかどうかを選択できます。信頼した場合は、そのコンピュータから次回サインインするときに確認コードの入力が不要になります。 信頼できるデバイスとは、iOS 9 以降を搭載した iPhone、iPad、iPod touch、または OS X El Capitan 以降を搭載した Mac のうち、すでに 2 ファクタ認証でサインインを済ませているものを指します。お客様のものであると Apple が把握していて、別のデバイスやブラウザでサインインいただく際のご本人様確認にご利用いただける (Apple からお送りする確認コードが表示される) デバイスです。watchOS 6 以降を搭載した Apple Watch は、Apple ID でサインインしていれば確認コードを受信できますが、パスワードのリセット手続きに際して、信頼できるデバイスとしては使えません。 信頼できる電話番号は、確認コードをテキストメッセージまたは自動音声案内で受け取ることのできる電話番号です。2 ファクタ認証に登録するには、少なくとも

で、我々はクライアント殿よりiOSアプリのロンチ、プッシュ通知など諸々の情報をApple Developer Centerから貰っていただきたかったのが、通知が飛ばず入れないとおっしゃられてしまうのでした。orz

Apple IDが同じならその端末のどれかに飛ぶ筈ですし、testflightの通知は飛んでる筈なんです。

肝心の2ファクタ認証はiOS端末側で設定する筈なんですが、我々の端末で確認してもちゃんと設定メニューがある。

あまりに話が通じないので端末を見せていただいて確認したところ、クライアント殿のApple IDで2ステップ認証が設定されておりました。

Apple ID の 2 ステップ確認

アカウントで 2 ファクタ認証を使えない場合、たとえば、デバイスで iOS 8 または OS X Yosemite 以前をお使いの場合などは、その代わりに、2 ステップ確認で Apple ID のセキュリティ対策をすることができます。 Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは 各メーカーや開発元にお問い合わせ ください。

そりゃわかんないよ。確かにこんなところプログラマじゃなきゃ見ないよ。だいたい、呼び名がややこしい!!orz
ひとまず、事なきを得た模様です。お客さん逆ギレしなくたっていいじゃないかorz
なおまるっきり同じ轍を踏んでいた記事

Apple IDの2ファクタ認証設定が出来なくて悪戦苦闘した話です

そもそも、2ステップ認証と2ファクタ認証の違いがわからず、いくら調べても釈然とせずたどり着いたのが次の情報でした。 やっと疑問解消して2ファクタ認証の設定をしようとしたら、今度は「2ファクタ認証を設定」が表示されない! どうすりゃいいんだ!? 上記の情報の最後に『「2ファクタ認証」画面が表示されない場合は、こちらを参考にしてください』との表示を発見!! ( ^ω^)おっ!! 「2ファクタ認証を設定」が表示されない原因についての説明の中に、身に覚えのある単語が! 2 ステップ確認機能を利用している なにい!2ステップ認証と重複設定はできないんだ!!ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! 以下、対処方法を引用します 対処方法 Webブラウザで「 Apple IDを管理 」にアクセスします 「セキュリティ」の編集をクリックします 「2 ステップ確認を無効にする」をクリックします 「セキュリティ質問と答え」の入力を求められます 誕生日が表示されるので確認します 「2 ステップ確認」がオフになったとの表示と共にメールが送られてきます 以上で、完全に「2 ステップ確認」を解除した事になります、これで「2ファクタ認証」画面が表示されるはずです おお( ^ω^)おっ!「2ファクタ認証を設定」が表示されました!! 後は手順通り設定して、あっという間に終了!!! あっけないくらいでした(泣)

コメント

タイトルとURLをコピーしました