【Laravel】gitでもらってサーバに配置したLaravelが動作せず苦労した

研究
freestocks.org at Pexels
この記事は約6分で読めます。

Laravelと言われて何故魔女っ子なのか平成生まれにはもう分かるまい。

gitでソースコードを頂戴して

Sakura Internet Virtual Private Serverに借りたスペースにsftpで配置し(ここから間違っている疑惑)

500 Internal Server Error に苛まれ続けておりました。orz

んで解決したんですが、画面表示が全然反映されない。orz

ひとまず動作するようになったため、試したことを列挙。

500 Internal Server Error 解決
アプリケーションフォルダ直下の storage フォルダのオーナーを変更
storageフォルダにはログやらキャッシュが配置されるのですが、
sftpでフォルダを配置したためapacheユーザでは読み書きできなかったため

chown -R apacge ./storage/*

を試しました。

画面表示が反映されなかった対策

これは今回の環境がvue.jsを使っており
・resources/assets/js/components からコンパイルされた js/app.js
・resources/assets/sass からコンパイルされた css/app.css
から画面を生成していたため。

【保存版】laravel + vue.jsが動かないときのチェックポイント

vue.jsの入門者、初心者の人が始めてみたらvue.jsが動かない事がよくあります。 今回はそのチェックポイントをすべて教えます。 この 記事をすべてチェックすれば必ずあなたのvue.jsは動きます! ※ぼくはlaravel + vue.jsで始めたから、そのへんも。 どれが原因か分からないと思うので、すべて順番にチェックしてくださいね! node -v v11.14.0 node -vでバージョンは表示されますか? 表示されなければnode.jsをインストールしましょう npm -v 6.9.0 npm -vでバージョンは表示されますか? もしされないならインストールしましょう まぁ、node.jsをインストールすると勝手にインストールされるんですけど。 laravelのプロジェクトルートにあるpackage.jsonにvueは入ってる? # laravelのプロジェクトルートにある package.jsonファイル { “private”: true, “scripts”: { “dev”: “npm run development”, “development”: “cross-env NODE_ENV=development node_modules/webpack/bin/webpack.js –progress –hide-modules –config=node_modules/laravel-mix/setup/webpack.config.js”, “watch”: “npm run development — –watch”, “watch-poll”: “npm run

これですと、
resources/assets/js/components なり resources/assets/sass を編集した後に

npm run dev

を実行しないと js/app/js なりcss/app/css が生成されないのですが、

npm: コマンドが見つかりません

とか言われた。orz

sudo yum install npm

を試行するも、インストールするものがありません。とか言われた。orz

node.js・npm のインストールでのエラー|teratail

node.js・npmをvagrant上のcentOSにインストールしようとしたのですが,うまく行かず詰まってしまいました.みなさんのお力をお借りできれば大変ありがたいです. 環境: MacBook OS10.11.3(EI Capitan) Vagrant 1.8.

ここに沿って試行。

sudo yum --enablerepo=epel -y install npm

これで、やっとアプリケーションフォルダで

npm run dev

を試行。そしたら

Node Sass could not find a binding for your current environment: Linux 64-bit with Node.js 6.x

とか言われた…

Nodeのバージョンを上げたらnode-sassがエラーを吐いたのでコードリーディングしてみた | Developers.IO

フロントエンドのビルド環境としてNode v8で動いていたプロジェクトをNode v10にアップデートしました。その結果、次のような Node Sass could not find a binding for your current environment というエラーメッセージを吐いて落ちました。 どうやら使用していたモジュールのnode-sassでエラーが起きたようです。 Error: Missing binding /path/to/project/node_modules/node-sass/vendor/darwin-x64-64/binding.node Node Sass could not find a binding for your current environment: OS X 64-bit with Node.js 10.x Found bindings for the following environments: – OS X 64-bit with Node.js 8.x This usually happens because your environment has changed since running `npm install`.

npm rebuild node-sass

にて、ようやく解決。
ややこしい…!!orz

なおオーダーは、数字をカンマ区切りにしてとかいうことのみなので、どっちみちvue.jsで解決したのでした。

【filter】Vue.jsのfilterで金額にカンマを入れる【フォーマット】 – The sky is the limit

【filter】Vue.jsのfilterで金額にカンマを入れる【フォーマット】 ここではVue.jsを使って金額にカンマを入れるフォーマット処理について解説していきたいと思います。 目次 カンマの付け方 filterの作成 filterの使用 カンマの付け方 最初に、金額にカンマを入れる方法を確認しておきましょう。 以下のようにすればOKです。 // 金額 var money = 20000; // toLocaleString()を使ってカンマ区切りにする // 20,000となる var commaMoney = money.toLocaleString(); 金額にカンマを入れるために…

コメント

タイトルとURLをコピーしました