開業freeeで個人事業主開業届を提出しました

雑記
2019/7撮影
この記事は約2分で読めます。

新年も6日になりましたが、明けましておめでとうございます。
freeeといえばツバメのアイコン、燕と言えば神宮球場w(2019/7撮影)。この日は負け試合だったけど伊藤光さんが格好良かったから気にしない。

そもそも何故個人事業主にならないといかんのか。
ぶっちゃけると、クラウドテックに指示されたからw
どうせ届を出すならハンクラ販売にも堂々手を出せるじゃない、と思ったため。

同人誌サークルの売上が申告の必要な金額になってしまい実のところ赤字なのに追徴課税を喰らった恐ろしい話も聞こえたので…

さて会計ソフトとして有名なfreeeさんですが、今回はfreeeさんが提供している開業freeeを使います。

個人事業主の開業手続き、開業届作成を無料でサポート | 開業 freee

Q. 本当に無料ですか?途中で課金を求められないか心配です。 A. はい、登録から開業書類の作成、提出まで全て無料でお使いいただけます。 *書類を郵送で提出する際の切手や封筒はご自身でご用意ください。 Q. 開業届以外にも書類は作成できますか? A. はい、開業届出書以外にも以下の書類が作成できます。 ・所得税の青色申告承認申請書 ・青色専業者給与に関する届出書 ・給与支払事務所等の開設・移転・廃業等届出書 ・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書 Q. どの書類が自分に必要なのかわかっていないのですが… A. 事前にお調べいただく必要はありません。 入力内容に応じて、あなたに必要な書類だけが自動判定され、作成されていきますのでご安心ください。 Q. 事前に準備するものはありますか? A. 下記のものがあるとスムーズに進められるでしょう。 ・マイナンバー確認書類(通知カード、マイナンバーカード、マイナンバー記載の住民票など) ・ハンコ(シャチハタなどの認印で大丈夫です) また屋号も事前に考えておけるとよりスムーズにできるでしょう。屋号についてはこちら

本来税務署に行かないとならないやら、開業届の書き方、そもそも開業届と青色申告承認申請書が別個というありがちな書類トラップなどが回避できます。

使い方は至って簡単。アカウントを登録し(またはfreeeのアカウントでログイン)、穴埋めで開業届、及び青色(または白色)申告承認申請書が作成できます。

印鑑まで使わないのですが、商売上手ですw(法人登記すると法人印が必要になってくるようですが個人事業主だと税務署でも屋号で呼ばれることはあまりないらしいw)

書類がPDFでダウンロードできるようになりました。
税務署に持っていく場合はここで開業freeeのお仕事は完了。

但し今回はマイナンバーカード、カードリーダーを揃え電子申告を行いました。
本懐はe-taxによるオンライン確定申告です。

NTTコミュニケーションズ 接触型 USBタイプ ICカード リーダーライター ACR39-NTTCom

NTTコミュニケーションズ 接触型 USBタイプ ICカード リーダーライター ACR39-NTTCom

カードリーダーはこんな感じ(のを主人から借りましたw)

電子申告を行う場合は開業freeeの電子申告ナビに飛びます。
そこからe-taxに誘導されるので、開業freeeから引き継がれた情報を確認しながら、利用者識別番号をもらってきます。(先程のPDFと同じ内容をe-taxに渡す次第です)
なおe-tax画面内で職業(事業内容)の文字数が長過ぎ、叱られましたw

またe-taxの利用者識別番号とマイナンバーの個人番号、パスワードとマイナンバーの署名用電子証明書用パスワードは別物になります

e-taxの利用者識別番号及びパスワード、マイナンバーが揃ったら開業freeeに電子証明書を登録します。

開業届はこれで完了。
あとは税務署の申告を行います。初年度なので来年かな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました