【Laravel】やっとVue.jsとLaravelを連携させる+MailHogを試す

研究
この記事は約2分で読めます。

この記事は1年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

はじめに

やっと掛かれるよゆうきゃん会長(@ucan_lab)さん。

Docker × Laravel Vueをインストールしてユーザー登録&ログイン機能を実装する - Qiita
DockerでLaravel環境を構築する記事を書きましたが、 Vue以外にもReactを選択したり、フロント側はそもそもリポジトリを分けて開発する場合もあり前回の記事では紹介しきれていませんでした。 今回はLaravel環境を構築...

試してみましょう

使うDockerは以下のリンクを参考に作り直し、推奨してる環境に作り直してみます(作ると言うかクローンしたのみw)。

最強のLaravel開発環境をDockerを使って構築する - Qiita
お急ぎの方は 使い方 からお読みください。 概要 Docker, Docker Compose を使って、nginx, php-fpm, MySQLの実行環境(LEMP)を構築して、最強のLaravel開発環境を構築する記事です...
mayarin/docker-laravel
Contribute to mayarin/docker-laravel development by creating an account on GitHub.

Login/Register

最初のリンクに従い、Laravelの初期画面にLogin/Registerを確認。

何度かリロードしないとCSSが来なかった。焦った。

叱られた。
独自ドメインにやってきて3回目くらいだけど、ちゃんとマイグレーションとか読むの。

ほら通った。

MailHog

ついでなのでMailHogも試してみる。

Docker × Laravel メールの送信処理をローカルで確認する - Qiita
ウェブサーバー、アプリケーションサーバー、データベースサーバーが用意されていれば最低限Laravelを動作させることはできますが、実際に開発を進めてくるとメールを送信する処理を書くことが多くあります。 ローカルでのメール確認のために...

それっぽいメールが飛んだのを確認。

結び

さて…ありものに乗っかって習得してきた感があるけれど、以前CIで作っていたものをこの際Laravelに移植してGitHubに晒そうか、CIのままVue.jsで仕上げようか迷ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました