【ドメイン設定】SPFレコードを設定して配信メールが迷惑メールフォルダに振り分けられるのを防ぐ

研究
John-Mark Smith at Pexels
この記事は約1分で読めます。

たまにしかやらないので忘れるシリーズ。

SPFレコードの確認方法

こちらに倣って

dig hogehoge.com txt

を試す。

text = "v=spf1 ip4:xxx.xxx.xxx.xxx include:1lejend.com ~all"

こんな一文が出てくるはずが、出てきてくれない。orz
今回はAWS LightsailなのでRoute53…じゃない。LIghtsailのコンパネのネットワーキング。
確かRoute53の時は、レコードのタイプをSPFじゃなくて、txtタイプで書くんだ。

v=spf1 ip4:12.345.67.89/32 -all

よし、digコマンドにも出てきた、けど…まだ迷惑メールか。
パクリ元の過去製品には

v=spf1 include:_spf.google.com ~all

の記述もあるから、これも追加してみる…よしうまくいった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました