WPのテーマをCocoonに変更しました

研究
この記事は約1分で読めます。

実は以前のテーマのサイドバーを壊してしまったし、稼働が安定してる(出していいネタがない)し、ハンクラブログから行って戻ってこないので(苦笑)手間の掛からないテーマに変更してみました。

Cocoon

WordPressテーマ「Cocoon(コクーン)」を作成しました。 以前作成した Simplicity の後継となる複数者運営にも対応した無料テーマです(※完全な互換性はないです)。 ただテーマは新しくなりましたが、設計思想はSimplicityの時とほぼ同様です。 以下の7つが主な特徴となります。 Cocoonでは、これらの基本的な考えは変えずに、 Simplicityフォーラム …

まだまだこれから使っていくところですが、表示が軽くなったような。
(ハシビロ先輩だけ外れたw)

また私のことなので、このテーマを適用w

Cocoonのスキン:プロ野球シリーズ「横浜ベイスターズカラー」

Cocoonの独自スキン、プロ野球の球団テーマカラーを基調にしたシリーズです。 こちらは横浜ベイスターズカラーのスキンです。 2020/05/25 少しデザイン追加し、ダウンロードファイルは軽量化しました。 Ver2.1.6~の新機能「 フロントページ 」のインデックスデザインも追加。 ロゴは  公式サイト  より引用 「もっと見る」ボタン ホバー時 記事一覧でのカード表示 通常の背景色が白、マウスが乗った時の背景色は青です。 上記エントリーカードと動きと色は同じで枠線ありになります。 「次のページ」ホバー時 「ページナンバー」ホバー時 ホバー時 ホバー時 ホバー時 フッターメニュー ホバー時 解凍ファイル内容 フォルダ:skin-npb_baystars ダウンロードしたファイルを解凍し、 Cocoon子テーマのskinsフォルダに フォルダごと アップロードしてご利用下さい。 アップロード場所 /wp-content/themes/cocoon-child-master/skins サーバーへアップロードするには、FTPソフトやSFTPソフトを使います。 サーバーへのファイル転送は、セキュリティ的にFTPよりSFTPの方が安全です。 SFTPの使い方は以下をご覧ください。 FTPの使い方は以下を参考にして下さい。 子テーマのディレクトリに入れると、スキン名の前に[Child]と表示されます。 Cocoon標準搭載のスキンは以下をご覧ください。 その他のオリジナルスキンは以下をご覧ください。

以上、生存確認がてら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました