【AmazonLinux2】MariaDBを配置してみる

研究
Pixabay at Pexels
この記事は約2分で読めます。

この記事は1年前の記事です。当時の情報、理解に基づいておりますのでご留意ください

だってRDS高価いんだもん

ちょっとしみったれた事情でRDSもLightsail DBも使わず、Lightsailの$3.5-のインスタンスにMariaDBを配置してDBサーバにしようというお話。

参考リンク

EC2(Amazon Linux 2)にmariaDBを導入する - Qiita
今回の目的 先輩から教えてもらったサーバー構築の備忘録、物理サーバーでやったことをAWSで確認中。 mariadbをインストールし,EC2内でログインする。前回下の原因でできなかったDBをインストールします。 注意事項 A...

試してみましょう

上記参考リンクに従い

sudo mysql_secure_installation

を実行。…rootのパスワードが合致しない。

Amazon Linux 2 を実行している EC2 インスタンスで MariaDB ルートパスワードをリセットする

パスワードをリセットしてやります。

「インスタンス」の「ネットワーキング」タブで3306ポートを開けてやります。

そうしたら外部からもアクセスできるユーザを作ります。
(対象のホスト名を%にするのに気づかずハマった)

GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO 'ユーザー名'@'%' IDENTIFIED BY 'パスワード' WITH GRANT OPTION;
FLUSH PRIVILEGES;

これで該当のシステムの方のデータベースサーバ、アクセス情報を変更すればOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました